FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 本日の戦績(08/06/25)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

策士、策に溺れる。 URL 2008-06-26 (木) 13:12

戦争開始直後から戦闘のための基盤(拠点)を作成する。
序盤陣形
A:本陣10騎 B:南20騎 C:中央60 D:北10騎
戦闘要領
A:復活FT建設、その後、1部は本陣警戒、主力で南の通路拠点落とし
B:南奪取、その後、復活FT作成および南守備および南通路の支援
C:速度が発揮できる北経由で中央へ前進、60騎全力で中央奪取その後、FT建設および周辺拠点の奪取
D:北奪取、またはでプロキ本陣への流れを阻止抵抗

全般の統制:死亡した場合、南北の状況を見て支援が必要な方向から当初の現場をめざす。

序盤で、本陣、南、中央および周辺いわゆるMAPの下半分を確保し以降の戦闘の基盤を形成する。この際、北が取れていれば北を補強、取れていなければ中央および本陣から北方向へ戦力を集中させる。

つづく

策士、策に溺れる。 URL 2008-06-26 (木) 16:26

南からの進入を拒み、中央の3連ラインを崩すことなくカペラの攻撃を受け止める状態が続けば(維持すれば)、ポイント的には勝利できる。
(中立から取った拠点は取られても取り返せばポイントは常にリード)

問題点
北が薄いため、序盤に北を取れない可能性が高く、
北を拠点とした本陣に対する攻撃が予想される。
また、カペラが主攻撃方向を本陣に集中させた場合、短時間で本陣まで流れ込まれるおそれがある。
このため、中央ラインよりも北方向へ進軍する場合は、拠点をからにせずに転用できる部隊を拘置しておく必要がある。
「北、カペラ大量です。本陣向かっています!」←本陣ワープ発動フラグ 

また、プロキは攻撃的性格の部隊が多く、じっと防御するタイプではないので敵拠点にアタック進軍する勇敢な戦士が多い。(これは問題点か?)
このため進出先で死亡した場合、状況に応じた前線に最も近い復活FTを用意する必要がある。

策士、策に溺れる。 URL 2008-06-26 (木) 17:12

そして、宿題の早期コールドゲームですが

上記の基礎配置に加えて、南の鉄壁な防御のもとに北を確実に手中にして、
北通路の3拠点、または北から2つ目までの小拠点を同時にアタックし復活FTも同時に消滅させる。
(対人無視カペラばりの拠点団子アタックwをおみまいする。)
その勢いでカペラ本陣エイジスまで・・・・・

という 夢 をLv115FBが毎晩のようにみています。
プロキオン精鋭の騎士様!!ぜひ、正夢(まさゆめ)にしてください

まんま URL 2008-06-26 (木) 20:35

勉強になりまする。

日刊プロキ記者 URL 2008-06-27 (金) 10:08

>策士さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
宿題についてですが、私の発想とはまた違ってとても参考になりました。
次回のコラムで取り上げる予定です。
戦法もわかりやすくてイメージしやすかったです!

>まんまさん
はじめまして!
私も勉強中の身ですががんばります。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://procy.blog17.fc2.com/tb.php/43-bb5869d6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 日刊プロキ(マーキュリー版)

Home > スポンサー広告 > 本日の戦績(08/06/25)

Home > 戦績速報 > 本日の戦績(08/06/25)

本日の戦績(08/06/25)

プロキオン敗北!!(6勝3敗)

0806251.jpg


<開始後5分経過>
北西・南東拠点を占領するプロキですが、
中央及び中央周辺拠点を余すことなくカペラが占領し押され気味のスタート。
0806252.jpg


<開始後30分経過>
南東から中央周辺拠点に進もうとしますが、
カペラを押し返すことがなかなかできません。
0806253.jpg


<開始後45分経過>
中央周辺拠点に復活FTを建設することに成功し、
南東から中央に一気に進みますが、カペラに集中攻撃されてしまいます。
0806254.jpg


<開始60分経過>
プロキの落とした中央周辺拠点をカペラが取り返し、
中央及び中央周辺を死守したカペラに、プロキが敗北しました。
0806255.jpg


【今後の課題】

 ☆失敗は成功のもと!

  今日は戦争後にロビーで意見交換する機会があったようなのですが、
  大きく「革新派」と「保守派」に意見が別れていました。
  どちらの意見も納得できる部分があり、なるほどな、と思える内容でした。

  今のやり方でこれからも勝てるかは正直疑問です。(前回のコラムにも書きました)
  やはり革新派の意見も取り入れていかなければならない時期かなと個人的には思います。

  失敗したらどうするんだ、という意見もありましたが、
  新しいことを試みるのに失敗はつき物だと思っています。

  失敗したら失敗の理由を分析して、少しずつ軌道修正していけばいいのではないでしょうか。
  戦争は1回限りではないので、これを地道に繰り返せば、
  どんどん質を高められると思っています。 

  プロキはまだまだ強くなれる!
  
【宿題】

  「最速コールド勝利のシナリオを考えてみよう」


CABAL ONLINE アクセスランキングに参加中です!
クリックよろしくお願いします↓↓↓
ranking
スポンサーサイト

Comments:5

策士、策に溺れる。 URL 2008-06-26 (木) 13:12

戦争開始直後から戦闘のための基盤(拠点)を作成する。
序盤陣形
A:本陣10騎 B:南20騎 C:中央60 D:北10騎
戦闘要領
A:復活FT建設、その後、1部は本陣警戒、主力で南の通路拠点落とし
B:南奪取、その後、復活FT作成および南守備および南通路の支援
C:速度が発揮できる北経由で中央へ前進、60騎全力で中央奪取その後、FT建設および周辺拠点の奪取
D:北奪取、またはでプロキ本陣への流れを阻止抵抗

全般の統制:死亡した場合、南北の状況を見て支援が必要な方向から当初の現場をめざす。

序盤で、本陣、南、中央および周辺いわゆるMAPの下半分を確保し以降の戦闘の基盤を形成する。この際、北が取れていれば北を補強、取れていなければ中央および本陣から北方向へ戦力を集中させる。

つづく

策士、策に溺れる。 URL 2008-06-26 (木) 16:26

南からの進入を拒み、中央の3連ラインを崩すことなくカペラの攻撃を受け止める状態が続けば(維持すれば)、ポイント的には勝利できる。
(中立から取った拠点は取られても取り返せばポイントは常にリード)

問題点
北が薄いため、序盤に北を取れない可能性が高く、
北を拠点とした本陣に対する攻撃が予想される。
また、カペラが主攻撃方向を本陣に集中させた場合、短時間で本陣まで流れ込まれるおそれがある。
このため、中央ラインよりも北方向へ進軍する場合は、拠点をからにせずに転用できる部隊を拘置しておく必要がある。
「北、カペラ大量です。本陣向かっています!」←本陣ワープ発動フラグ 

また、プロキは攻撃的性格の部隊が多く、じっと防御するタイプではないので敵拠点にアタック進軍する勇敢な戦士が多い。(これは問題点か?)
このため進出先で死亡した場合、状況に応じた前線に最も近い復活FTを用意する必要がある。

策士、策に溺れる。 URL 2008-06-26 (木) 17:12

そして、宿題の早期コールドゲームですが

上記の基礎配置に加えて、南の鉄壁な防御のもとに北を確実に手中にして、
北通路の3拠点、または北から2つ目までの小拠点を同時にアタックし復活FTも同時に消滅させる。
(対人無視カペラばりの拠点団子アタックwをおみまいする。)
その勢いでカペラ本陣エイジスまで・・・・・

という 夢 をLv115FBが毎晩のようにみています。
プロキオン精鋭の騎士様!!ぜひ、正夢(まさゆめ)にしてください

まんま URL 2008-06-26 (木) 20:35

勉強になりまする。

日刊プロキ記者 URL 2008-06-27 (金) 10:08

>策士さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
宿題についてですが、私の発想とはまた違ってとても参考になりました。
次回のコラムで取り上げる予定です。
戦法もわかりやすくてイメージしやすかったです!

>まんまさん
はじめまして!
私も勉強中の身ですががんばります。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://procy.blog17.fc2.com/tb.php/43-bb5869d6
Listed below are links to weblogs that reference
本日の戦績(08/06/25) from 日刊プロキ(マーキュリー版)

Home > 戦績速報 > 本日の戦績(08/06/25)

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。