Home > スポンサー広告 > 最速コールド勝利のシナリオを考えてみよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

策士、策に溺れる。 URL 2008-06-29 (日) 06:34

ちょっとお待ちください・・・・
私も最初は敵国家の復活FTを全て壊せばコールドゲームと思っていました。
しかしながら、復活FTがなくなっても、拠点があれば「45秒待ちの自動復活」にて戦闘に戻れます。
なので全ての拠点および敵本陣をおとしいれる方策を思案してみたのですが・・・。
私の情報不足であれば、このコメントは申し訳ありません。

復活FT全破壊=コールドゲーム であるのならば、実行の可能性は別として理論上、プロキ記者様に賛同いたします。^^

日刊プロキ記者 URL 2008-06-29 (日) 08:43

>策士さん
このたびはご指摘ありがとうございました。
即効で内容を修正させていただきました。
今後とも遠慮なくビシバシご指摘ください!

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://procy.blog17.fc2.com/tb.php/48-4da90429
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 日刊プロキ(マーキュリー版)

Home > スポンサー広告 > 最速コールド勝利のシナリオを考えてみよう

Home > 社説・コラム > 最速コールド勝利のシナリオを考えてみよう

最速コールド勝利のシナリオを考えてみよう

いつかの記事で宿題にした題材です。
本日のコラムは、「最速コールド勝利のシナリオを考えてみよう」です。

戦争の目的は、「勝つ」ことです。
相手より多くの拠点を取る、のは勝つための手段であって、目的ではありません。
自分自身、拠点を取ることばかりに夢中になっているのに気づきました。
そこで「戦争はどうすれば勝てるのか」を冷静に考えてみました。

コールドゲームの経験がない方もいるかもしれないので、一応説明しておきます。
相手の復活FTを全て破壊すれば、その時点で戦争終了です。
逆に言えば、コールドゲームを実現するためには、
復活FTを全破壊(もしくは全拠点占領)しなければなりません。

(29日7:26頃追記)
と日刊プロキ記者は大きな勘違いをしていたようです。

※注意
コメントにて
「復活FTがなくなっても、拠点があれば「45秒待ちの自動復活」にて戦闘に戻れます。 」
というご指摘がありました。
そういえばたしかに復活拠点を選択する間もなく、飛ばされることがありますね。
私の記憶では全拠点占領する前にコールドゲームになった記憶があるんですが、
復活FT全破壊の他、前提条件があるということです。




以下CABAL公式サイトより抜粋。

各拠点を全て占領し、相手国家の基地を占領、もしくは、
先にスコアがMAXに到達した国家の勝利となります。
戦争の時間内(60分)に勝敗が付かない場合は、
戦争中に取得した総計スコアと戦争での成績をもとに勝敗判定が行われます。



誤解を招いてしまい、申し訳ありませんでした。
コメントをくださった策士さん、ご指摘ありがとうございました。(本当に感謝!)

となると、以前策士さんが提案してくれたコメントが一番早い気がしますね。



以下策士さんのコメントより抜粋。

南の鉄壁な防御のもとに北を確実に手中にして、
北通路の3拠点、または北から2つ目までの小拠点を同時にアタックし、
復活FTも同時に消滅させる。
(対人無視カペラばりの拠点団子アタックwをおみまいする。)
その勢いでカペラ本陣エイジスまで・・・・・



とてもハードルが高い内容になりますが、
昨日のように南側(中央、中央周辺拠点、南東拠点)を押さえ込めば、
コールドゲームの可能性がぐっと高まりますね。

さらに策士さんのご指摘コメントには興味深い内容がありました。
「復活FTがなくなっても、拠点があれば「45秒待ちの自動復活」にて戦闘に戻れます。 」

カペラの復活FTを全部壊してしまえば、
敵は45秒間復活できないということになります。
序盤に敵本陣の復活FTを破壊及び復活FT生成を阻止できれば、
カペラの戦力を減少させることができるかもしれません。

中央争いが激化すれば、当然手薄になった本陣が狙われる危険も高まります。
カペラに同じ手を使われる可能性もありますので、
復活FTはできるだけ早く複数確保することが望ましいですね。

CABAL ONLINE アクセスランキングに参加中です!
クリックよろしくお願いします↓↓↓
ranking
スポンサーサイト

Comments:2

策士、策に溺れる。 URL 2008-06-29 (日) 06:34

ちょっとお待ちください・・・・
私も最初は敵国家の復活FTを全て壊せばコールドゲームと思っていました。
しかしながら、復活FTがなくなっても、拠点があれば「45秒待ちの自動復活」にて戦闘に戻れます。
なので全ての拠点および敵本陣をおとしいれる方策を思案してみたのですが・・・。
私の情報不足であれば、このコメントは申し訳ありません。

復活FT全破壊=コールドゲーム であるのならば、実行の可能性は別として理論上、プロキ記者様に賛同いたします。^^

日刊プロキ記者 URL 2008-06-29 (日) 08:43

>策士さん
このたびはご指摘ありがとうございました。
即効で内容を修正させていただきました。
今後とも遠慮なくビシバシご指摘ください!

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://procy.blog17.fc2.com/tb.php/48-4da90429
Listed below are links to weblogs that reference
最速コールド勝利のシナリオを考えてみよう from 日刊プロキ(マーキュリー版)

Home > 社説・コラム > 最速コールド勝利のシナリオを考えてみよう

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。