Home > スポンサー広告 > 優先順位を考えてみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://procy.blog17.fc2.com/tb.php/61-d00c1473
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 日刊プロキ(マーキュリー版)

Home > スポンサー広告 > 優先順位を考えてみる

Home > 社説・コラム > 優先順位を考えてみる

優先順位を考えてみる

最終回となる第6回のコラムは、今までのコラムの総集編になります。

序盤の流れはその日の戦争の流れを決定するため、
まずどこへ向かうか、という議論は各々PTで作戦を立てているかと思います。

大まかには、「北西・中央・南東・本陣」などがあり、
この中からチョイスする方が大半なのではないでしょうか。

果たして大拠点に真っ先に向かうのがベストなのか?
考えてみようと思います。

建設FTには上限数があるため、相手よりも早く、必要な場所に建てる必要がある、
ということは以前の記事で取り上げてみました。

ここに復活があれば・・・、といつも感じる場所を選んでみると以下の図になりました。
08070500.jpg

中央大拠点、中央7時(又は5時)中拠点、プロキ小拠点一番右(又は真ん中)の3拠点です。
1つずつ重要視する理由は以下のとおりです。

 ☆中央大拠点
  ・拠点占領ポイントが非常に高いため、カペラに与えたくない。
  ・復活FTが完成してしまうと取り返すのが厄介。
  ・本陣から非常に離れているため、死に戻りのタイムロスが激しい。
  ・占領していると中央周辺拠点の確保が容易になる。
   →参考:結果から学ぶ勝利の法則

 ☆中央7時(又は5時)中拠点
  ・中央大拠点を落としていない場合の中継地点としてどうしても復活FTがほしい。
  ・9時方向や5時方向が危険な場合にすぐ向かうことができる。
   →参考:戦争はオセロのようなもの?

 ☆プロキ小拠点一番右(又は真ん中)
  ・南東を落としていない場合の中継地点としてどうしても復活FTがほしい。
  ・ガーディアンの体力が低いため、本陣以外では最速で復活FTの建設が可能。
  ・南東大拠点を占領し復活FTを作るよりも早い段階で復活FTが完成する。
   →参考:長所は裏を返せば短所
  ※南東側の小拠点のFT建設場所は、
   南東大拠点側にむき出しのため標的になりやすいので、
   安全性を重視するのであれば真ん中の小拠点をオススメします。

※上のパターンはあくまでも中央メイン攻めを想定した場合のイメージです。

北西及び南東大拠点は、
プロキ本陣や中央にカペラを通さないための壁となる拠点です。
決して重要性を否定しているわけではありません。

ただし、南東に関してはカペラに占領されたとしても、
プロキにとっては比較的取り返しやすい拠点です。
プロキ小拠点や中央周辺拠点のプロキ側に復活FTが存在し、
カペラよりリターンが早い状況が比較的多いからです。
そう考えると、南東付近の復活FTの完成が早ければ早いほど、
どんな状況でも南東を落としやすい環境ができあがるのではないでしょうか。

あってほしい場所に復活FTがない状況が一番辛いですよね。
FTバグというより、建設できるFTの数に上限があるため、
相手よりも先にまずやらなければいけないことはFTの確保だと思います。
というわけで今回は拠点の大小にかかわらず、
復活FTの活躍度を視点に、優先順位を考えてみました。

あくまでも一例です。
暇なときにいろいろな視点で考えてみるのも面白いですよ。


○拠点占領スコアの仕組みを理解しよう
  
  拠点占領に限らず、ウォースコアはすべて「加算のみ」です。

  (例題)
   拠点占領ポイント2000のA拠点をプロキが占領し、カペラがその後占領しました。
   プロキとカペラのポイントはどうなるでしょう?
   (ただし既存ポイントや他のポイントは除外します)

  (答え)
   プロキ:2000 カペラ:2000

   加算方式なので、たとえ占領していた拠点が相手に落とされても、
   取得した2000ポイントが減ることはありません。
   ポイント減ると思っていた人、いるんじゃないでしょうか?

   つまり、序盤できるだけ多く中立拠点を落としておけば、
   その後カペラに占領されたとしても、相手とのスコア上の差分は減りますね。

   本陣を除く拠点数は15拠点ですね。
   序盤に10拠点先取したとします。
   大・中・小で拠点占領スコアに差がありますが、
   単純計算、5拠点をその後カペラにとられてもプラスマイナスゼロですよね。

   昨日のプロキの戦績結果がまさに物語っています。
   序盤に中央周辺拠点を多く占領していたため、
   後半カペラにひっくり返されましたが、
   拠点占領スコアに関しては、マップの見た目よりも非常に差が少なかったです。


序盤にやりたいことは本当に多いですね。
復活FTの確保、大拠点の確保、中立拠点の先取などなど。
いろいろなパターンを想定して、作戦を練ってみてください。


CABAL ONLINE アクセスランキングに参加中です!
クリックよろしくお願いします↓↓↓
ranking
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://procy.blog17.fc2.com/tb.php/61-d00c1473
Listed below are links to weblogs that reference
優先順位を考えてみる from 日刊プロキ(マーキュリー版)

Home > 社説・コラム > 優先順位を考えてみる

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。