Home

日刊プロキ(マーキュリー版)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

本日の戦績(08/07/05)

プロキオン敗北!!(9勝10敗)

0807051.jpg


【全体の流れ】

<開始10分後>
0807052.jpg

<開始34分後>
0807053.jpg

<開始60分後>
0807054.jpg


本日の戦争に関するコメントは差し控えさせていただきます。

CABAL ONLINE アクセスランキングに参加中です!
クリックよろしくお願いします↓↓↓
ranking

12勝まであと3勝!

現在プロキは9勝なので、12勝以上の戦績アイテムを狙うには3連勝するしかありません。
3連勝でイベントを有終の美で飾りたいですね。
0807058.jpg


個人的にはこっちのアイテムの方がほしい気もしますが・・・(2個だし)
0806296.jpg


CABAL ONLINE アクセスランキングに参加中です!
クリックよろしくお願いします↓↓↓
ranking

優先順位を考えてみる

最終回となる第6回のコラムは、今までのコラムの総集編になります。

序盤の流れはその日の戦争の流れを決定するため、
まずどこへ向かうか、という議論は各々PTで作戦を立てているかと思います。

大まかには、「北西・中央・南東・本陣」などがあり、
この中からチョイスする方が大半なのではないでしょうか。

果たして大拠点に真っ先に向かうのがベストなのか?
考えてみようと思います。

建設FTには上限数があるため、相手よりも早く、必要な場所に建てる必要がある、
ということは以前の記事で取り上げてみました。

ここに復活があれば・・・、といつも感じる場所を選んでみると以下の図になりました。
08070500.jpg

中央大拠点、中央7時(又は5時)中拠点、プロキ小拠点一番右(又は真ん中)の3拠点です。
1つずつ重要視する理由は以下のとおりです。

 ☆中央大拠点
  ・拠点占領ポイントが非常に高いため、カペラに与えたくない。
  ・復活FTが完成してしまうと取り返すのが厄介。
  ・本陣から非常に離れているため、死に戻りのタイムロスが激しい。
  ・占領していると中央周辺拠点の確保が容易になる。
   →参考:結果から学ぶ勝利の法則

 ☆中央7時(又は5時)中拠点
  ・中央大拠点を落としていない場合の中継地点としてどうしても復活FTがほしい。
  ・9時方向や5時方向が危険な場合にすぐ向かうことができる。
   →参考:戦争はオセロのようなもの?

 ☆プロキ小拠点一番右(又は真ん中)
  ・南東を落としていない場合の中継地点としてどうしても復活FTがほしい。
  ・ガーディアンの体力が低いため、本陣以外では最速で復活FTの建設が可能。
  ・南東大拠点を占領し復活FTを作るよりも早い段階で復活FTが完成する。
   →参考:長所は裏を返せば短所
  ※南東側の小拠点のFT建設場所は、
   南東大拠点側にむき出しのため標的になりやすいので、
   安全性を重視するのであれば真ん中の小拠点をオススメします。

※上のパターンはあくまでも中央メイン攻めを想定した場合のイメージです。

北西及び南東大拠点は、
プロキ本陣や中央にカペラを通さないための壁となる拠点です。
決して重要性を否定しているわけではありません。

ただし、南東に関してはカペラに占領されたとしても、
プロキにとっては比較的取り返しやすい拠点です。
プロキ小拠点や中央周辺拠点のプロキ側に復活FTが存在し、
カペラよりリターンが早い状況が比較的多いからです。
そう考えると、南東付近の復活FTの完成が早ければ早いほど、
どんな状況でも南東を落としやすい環境ができあがるのではないでしょうか。

あってほしい場所に復活FTがない状況が一番辛いですよね。
FTバグというより、建設できるFTの数に上限があるため、
相手よりも先にまずやらなければいけないことはFTの確保だと思います。
というわけで今回は拠点の大小にかかわらず、
復活FTの活躍度を視点に、優先順位を考えてみました。

あくまでも一例です。
暇なときにいろいろな視点で考えてみるのも面白いですよ。


○拠点占領スコアの仕組みを理解しよう
  
  拠点占領に限らず、ウォースコアはすべて「加算のみ」です。

  (例題)
   拠点占領ポイント2000のA拠点をプロキが占領し、カペラがその後占領しました。
   プロキとカペラのポイントはどうなるでしょう?
   (ただし既存ポイントや他のポイントは除外します)

  (答え)
   プロキ:2000 カペラ:2000

   加算方式なので、たとえ占領していた拠点が相手に落とされても、
   取得した2000ポイントが減ることはありません。
   ポイント減ると思っていた人、いるんじゃないでしょうか?

   つまり、序盤できるだけ多く中立拠点を落としておけば、
   その後カペラに占領されたとしても、相手とのスコア上の差分は減りますね。

   本陣を除く拠点数は15拠点ですね。
   序盤に10拠点先取したとします。
   大・中・小で拠点占領スコアに差がありますが、
   単純計算、5拠点をその後カペラにとられてもプラスマイナスゼロですよね。

   昨日のプロキの戦績結果がまさに物語っています。
   序盤に中央周辺拠点を多く占領していたため、
   後半カペラにひっくり返されましたが、
   拠点占領スコアに関しては、マップの見た目よりも非常に差が少なかったです。


序盤にやりたいことは本当に多いですね。
復活FTの確保、大拠点の確保、中立拠点の先取などなど。
いろいろなパターンを想定して、作戦を練ってみてください。


CABAL ONLINE アクセスランキングに参加中です!
クリックよろしくお願いします↓↓↓
ranking

本日の戦績(08/07/04)

プロキオン敗北!!(9勝9敗)

0807041.jpg


【実況生中継】

本日は上空ヘリに乗り込み、生中継でお伝えします。
現場の日刊プロキ記者です。

<序盤1分以降の占領イメージ>
今回は序盤どのような順番で拠点が落とされているのか、
よりわかりやすいように番号を振っておきました。
カペラは最低限の人数で小拠点を順番に落としているように思います。
0807042.jpg

0807043.jpg

プロキは序盤手広く拠点を占領していますが、
人数が分散しているようで、占領拠点のFT準備や、
FT建設中の警備、敵陣の撃退などの人数がカペラに比べて少ない気もします。
0807044.jpg

<開始60分経過後>
0807045.jpg


<本日の評価ポイント>

 今日のプロキは同じ負けでもすごいいい負け方だった気がします。
 残り10分以降の粘りがすごかった。
 ラスト5分以降で中央周辺拠点を2箇所落としたり、
 序盤より押され気味の中、最後の最後で精神的な強さを見せました。
 負けはしたものの、粘り強さはパワーアップした感がありました。

<今後の課題>

 ☆小拠点大好きは時代遅れ

  今回のマップを見ておわかりのとおり、
  プロキは小拠点コンプリートが早すぎます。
  できるだけ南東側に1拠点復活FTがあればとりあえずOKなので、
  序盤の大切な時間にあまり小拠点に人数を裂きたくないのが正直なところ。
  占領すればレガシーも手に入るので、火力アップにはつながるんですが、
  ここはもう少し優先順位を考えていただきたいところ。

  ここは次回のコラムで取り上げたいと思います。

 ☆恋愛と同じように駆け引き上手になろう

  劣勢の状況が続く中でも、やはり敵軍破壊スコアは非常に高いプロキ。
  死なないことももちろん重要ですが、もう少し押しの強さもほしい気がしますね。

  カペラは敵陣をスルーして撹乱しようとする人がとても多いです。
  機動力のあるWIZの方は、持ち前のフットワークをいかして、
  敵陣に飛び込んでテレポやダッシュを屈指してみましょう。
  恐らく1人に対して5人くらいの注意がひけます。
  敵の目を欺くのもひとつの作戦なので、
  相手の火力を分散させて、前線が戦いやすい状況を作ってみるのも手ですね。

  復活拠点が自分のいる場所から1拠点以内にある場合は、
  戦死を覚悟で突っ込むのも全然ありだと思います。(リターン早いので)
  ただやはり復活ポイントを考えないで「死んでもいいから突っ込め」というのは、
  状況によっては少し危険な発想だと思います。
  よっぽど人数的に相手を圧倒している場合はそれでもいいかもしれませんが、
  相手と同じくらいの人数・戦力の場合は、頭数が非常に大切になってきます。
  戻る時間を考えたら結局頭数が足りないことで相手に押されてしまいますので、
  そんなときは「命大事に」の作戦も大切になったりします。

   ・瀕死になったらさがってヴァイタルギアを使う
   ・戦闘中にFAにヒールをもらう
 
  など、もう少し工夫できるところもあるかもしれません。

  ただ突っ込むのではなく、押したり引いたり、の見極めですね。
  恋愛と一緒ですね、これは日刊プロキ記者が得意なところですが、
  戦争中は熱くなりすぎて、劣勢のときほど冷静さに欠け、死亡率が高まります。

  戦争上手は恋愛上手、かもしれません。

プロキはまだまだ強くなれる!

CABAL ONLINE アクセスランキングに参加中です!
クリックよろしくお願いします↓↓↓
ranking

本日の戦績(08/07/03)

プロキオン敗北!!(9勝8敗)

0807031.jpg


<開始7分後>
0807032.jpg


<開始30分後>
0807033.jpg


<開始45分後>
0807034.jpg


<開始60分後>
0807035.jpg


<反省点>

☆復活FT建設は計画的かつ迅速に!バグっても焦るべからず!
 
 フォースタワーは敵味方関係なく上限数があるようです。
 実は今回カペラが容赦なくFTを立てていました。(携帯FTを含む)
 先に建ててしまえばプロキが建てることができなくなります。
 今日はそのため中央周辺拠点にFTがまったく建てられず、
 中央になかなか近づけなかったです。

 そこで!諦めるのはまだ早い! 

 FTの建てられない状況で中央周辺拠点をとりながら進んでいくのは非効率ですね。
 拠点占拠できても復活FTを建てることができないので、
 拠点占領ポイントは入りますが、それ以外のメリットがあまりありません

 今日の場合は実は「南東大拠点からダイレクトルートで中央へ侵入
 がよかったかもしれませんね。

☆方向転換も大事

 途中北西を提案している方がいらっしゃいました。
 私には中央攻めと南東守備と北西攻めと全体チャットが右往左往して、
 どっちにいったらいいのだろう、と悩んでしまいました。

 この場合は手薄なところを攻めるのもありですね。
 判断が難しいところですが、少し中央に固執しているところがあるかもしれません。
 こんなときこそ頭を柔軟にしなくてはいけませんね。

<今後の課題>

 超重要キーワードを残しておきます。

 「レガシーウェポン」を制するものは戦争を制す!
 ちょっと言いすぎかもしれませんが、
 最近ではカペラとは火力的に大差がありません。
 そろそろ地味に重要度が増してきました。

 プロキもっとハイエナの如くレガシーを拾いに行くべきなのです!!

 締め切り前の日刊プロキ記者のように、レガシーをスペース連打です!

 負けムードのときって、相手全員レガシー持ってるように見えますよね。
 レガシーて大事なんです、持ってて有利なことは間違いないんですから。
 当たって砕ける予定の人は、事前に味方に渡しましょう。
 複数持ってる人は遠距離に渡すといいでしょう。
 
 取引で落ちるという不具合も過去あったようなので、受け渡しはご注意を。

プロキはまだまだ強くなれる!
 
CABAL ONLINE アクセスランキングに参加中です!
クリックよろしくお願いします↓↓↓
ranking

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。